ウコンの働き

ショウガ科の熱帯性植物で根茎を主に使われ、沖縄や奄美諸島で多く採れ、春ウコン・秋ウコン・紫ウコンなどがあります。


ウコンのチカラには肝機能を強化する働きがあり、血液を浄化し血液の流れを良くさる効果があると言われ、結果としてコレステロールを下げたり、中性脂肪を抑え、血圧を下げるはたらきがあるといわれています。


ウコンの黄色の色素成分がクルクミンで、肝機能を助け、免疫力を向上させる働き等があり、体内の余分な活性酸素を消化します。

活性酸素は体内に侵入してきた体に有害な細菌やウィルスを殺したりする役目があり、体にとって必要がある成分ですが、増えすぎてしまった活性酸素は細胞や遺伝子をも傷つけてしまい、体を酸化させ老化させてゆきます。


その他クルクミンには、抗ガン作用、抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用、抗血栓作用、健胃作用、利尿作用等があると言われます、しかしウコンに限らず何でも、採りすぎると肝臓に負担をかけ肝臓の機能を低下させます。

肝硬変の患者がウコンを摂り、症状が悪化した可能性が指摘されています。

また、正常な人でも過剰に採ると肝機能に負担をかけます。

一般に1日のクルクミン30mgが摂取目安量とされています。


ウコンの働き

ウコンは、肝臓の働きを良くするので、体内の有害物質を浄化したり、有害物質が肌に溜まってメラニンを生成し黒ズミや肌の老化を抑制すると言われます。


そのクルクミンを最も多く含むのが秋ウコンで、酒をよく飲む方にお勧めです。

また、春ウコンには精油成分やミネラルがバランスよく含まれていますので、美肌のために良いといわれます。

紫ウコンには精油成分を多く含まれていて、殺菌作用に特に優れている、といわれています。

ウコンは、お酒をよく飲むかたや脂質の多い食生活を送っている方、生活習慣病が気になる方に良いといわれます。

ウコンは粉末、顆粒、ウコン茶等として摂取でき、カレーに使うターメリック(洋名)に含まれています。ウコンには、春ウコン・秋ウコン・紫ウコン等がある為、それぞれに表示されている種類、原産地に注意する必要があるでしょう。


ウコンの摂り方

ショウガの様な形の生ウコンは皮をむいて、すりおろし、油を使って調理したり、大豆や卵と一緒にしたり、カレー、野菜炒め、チャーハン、シチュー、味噌汁等に入れて調理します。

粉末であれば豆乳やヨーグルトに混ぜたり、乳酸菌やビフィズス菌とも相性がよいと言われているので、ヨーグルトに入れると良いようです。


天然効果(R)活性ウコン

天然効果(R)活性ウコンの原材料には、クルクミン含有量が豊富な秋ウコンを使用しています。

ウコンの原産地インドでは、古代よりウコンの栽培が行われていました。

生育に適した土壌から生まれた秋ウコンを、1日の目安量とされるクルクミン30mgを、わずか3粒にギュッと凝縮。

ウコンは夜の付き合いが多い人のサプリメント?

「天然効果(R)活性ウコン」の有用成分クルクミンは、ポリフェノールの一種です。

だから夜の付き合いが多い人に限らず、年齢が気になる方、美容が気になる方などにお飲みいただきたいサプリメントです。

健康補助食品は薬ではありません。決まった時間や決まった間隔で摂取していただく必要はありませんが、「天然効果(R)活性ウコン」のパワーを実感していただくためには、継続してお摂りいただくことをお勧めしています。1日3粒を目安に毎日お飲みください。

楽天ショップのウコン